【額縁の選び方】規格額の注文方法

規格額を使ってのご注文方法を紹介します。

(1)規格額とは

規格サイズで作られた額縁です。そのサイズの中から適した寸法のフレームを選び、お客様の作品を額装します。
既製品のため、価格はオーダーフレームに比べると安価ですが、サイズが合わない場合はマットで調整をする必要があります。弊社では約60種類の規格サイズを扱っており、なるべく安価に額装をお客様に楽しんでいただける環境を整えております。


弊社2階に展示してある規格額のサイズ見本です。取り外しができるようになっており、お持ち込み頂いた作品にサイズ見本を当ててサイズを選びます。

(2)ご注文方法

①作品の大きさを縦、横、厚さを正確に計ります。

作品


作品のサイズを測ります。

この作品は縦450㎜×横271㎜です。作品が描かれているサイズは320×250です。

②作品サイズよりも大きい額縁サイズを探します。今回はA3サイズ、B3サイズ、四つ切、大衣サイズの4種類を比較してみます。


枠サンプルを使ってサイズを確認します。


A3サイズでは左右の余白が窮屈です。B3サイズは上下の余白が広く感じます。


四つ切サイズの左右上下の余白のバランスは良いです。大衣サイズの左右上下の余白は少し広めです。
4サイズを比較すると四つ切サイズがバランスが良さそうです。

③選択した規格サイズを展開している額縁からデザイン、色を選択します。


今回はさくら平型13㎜幅 ナチュラルを選びました。

④マットの穴抜きのサイズを決めます。


マットの外寸は額縁のサイズに合わせます。


⑤マットの色を決めます。

しんじゅいろ(No.4-2)にしました。

注文内容は以上になります。

【注文内容】

1.額縁 さくら平型13㎜ ナチュラル 四つ切サイズ
2.マット No。4-② マットの穴抜き330㎜×260㎜ マット外寸423㎜×347㎜

【額装イメージ】


サイズが違うと作品の印象が変わります。