【額縁の選び方】額縁屋の選び方
(店舗について)

ここでは額縁を取り扱っているお店に関してご説明いたします。

お店の形態

額縁を扱っているお店の形態は大きく分けて3種類ございます。
1.既成フレームのみ取り扱う店舗
2.オーダーフレームのみ取り扱う店舗
3.既成フレーム、オーダーフレーム両方を取り扱う店舗です。


1.規格フレームのみ取り扱う店舗
ホームセンター、画材屋等で売り場の一画で額縁を扱っている店舗になります。
規格フレームとは日本独自の決まった寸法郡があり、そのサイズの中から適した寸法のフレームを選び作品を納めます。規格品のため、価格はオーダーフレームに比べると安価ですが、サイズが合わない場合はマットで調整をする必要があります。又、規格フレームのデザインが限られているため、オーダーフレームに比べて、デザインの選択肢は狭まります。

2.オーダ―フレームのみ取り扱う店舗
お店の形態としては、額縁のコーナーサンプルを展示し、オーダーフレームのみの販売をしております。規格品の取り扱いがないため、お客様の作品にサイズに合わせて、額縁をお作りします。規格品に比べると価格は高価になりますが、スタッフは高い専門的知識を持ち合わせております。又、選べるデザインも増え(弊社では3200種類以上)、お客様のご要望に沿った額縁をお作りする事が可能となります。


3.規格フレーム、オーダーフレーム両方を扱う
お店の形態としてはお店面積の広い額縁専門店です。既製品で対応できる範囲は規格品で対応し、対応できない場合はオーダーでの対応を致します。規格品、オーダー額の両方を扱っているため、価格を抑えたご提案もできれば、幅広い商品ご提案できることができます。弊社は決して売り場面積は広くはないですが、1階で規格フレームを取り扱い、2階ではオーダーフレームを扱っております。