【額装方法】スカーフ額装
(浮かし額装)

弊社ではスカーフを額装する場合
(1) マットなし
(2) マットあり
(3) 浮かし額装
の3種類の額装方法をご提案させて頂きます。


今回は(3)浮かし額装のスカーフの額装についてご説明致します。
【手順】
1. スカーフを裏打ちします。


裏打ち前 全体的に皺があります。


裏打ち後 形状を四角に整え、皺を伸ばしました。

2. 張り込み・木枠取付


作品を5㎜厚のベニア板に張り込みします。そして、作品の裏面に木枠を取り付けます。


作品の裏面に木枠を取り付けます。

3.背面部分の作成

作品の背面部分になるマットを裏板に張り込みします。今回は雲をイメージして別珍のマットを使いました。


マットと作品をビスで固定します。

4. 額縁の取付


額縁を用意します。空をイメージして水色とシルバーの額縁を選びました。


額縁を作品に取付けていきます。


取付できました。


裏面に金具、紐を取りつけます。


完成。浮かし額装をすることによって作品が額縁の中で浮いているようなイメージになります。