【額装方法】ポスター額装
(浮かし額装)

弊社ではポスターを額装する場合、
(1) マットなし額装
(2) マットあり額装
(3) 浮かし額装
(4) アクリル額装
の4種類の額装方法をご提案させて頂きます。

 

今回は(3)浮かし額装についてご説明いたします。

浮かし額装とは、作品を額縁の中で浮いているように見せる額装方法です。現代アートでよく使われる近代の額装方法です。



ポスターを裏打ちをした後、5㎜厚のシナベニアに張り込みします。裏打ちをする理由は作品に裏面に紙を貼る事で、ベニアから出るヤニを守ります。



今回はシナベニアの側面は黒く塗装しました。



側面も黒く塗装されております。






作品を浮かせるための土台を用意します。



位置を決め、ボンドで固定をします。



固定できました。



作品が厚くなるので、背の高い額縁を用意します。



裏板を取り出し、作品を固定する位置を決めます。今回、裏板はホワイトで塗装をしております。



裏側からビスで固定をします。



固定できました。



作品を表側にし、埃を取り除きます。



アクリル、ガラス押えを取り付けた額縁を上から被せます。



裏側にし、金具、紐を取り付けます。



完成。作品周りに影ができ、作品が浮いているように映ります。