【額縁について】額縁とは?

ここでは額縁の役割・効果について、説明いたします。

 

(1)額縁とは?

作品を壁に飾るために、作品を中に収める枠の部分です。様々なデザイン、太さ、深さのものがあります。


詳しい額縁の選び方ついてはこちら

(2) 役割・効果 (①、②は一般的に言われている事、③は弊社独自の考えです。)

①視覚的効果 
 
 
作品を額縁に収めることで、作品に広がり、色彩、装飾を与える事ができます。
バランスの良いサイズ、形状、色の額縁を使用することによって作品が持つ個性を際立たせる事ができます。
逆にバランスの悪い額縁を選択してしまうと、作品の個性を損なう事になります。
詳しい額縁の選び方について

②保存効果



作品を保存効果のある材料を使用して額縁に収めることで、作品の経年劣化を遅らせる事ができます。(保存額装と呼ばれております。)
詳しい保存額装について

③飾る効果 (記憶の共有化)



 作品を額縁に収めることで、壁に作品を飾る事ができます。作品をインテリアとして楽しむ事が可能になります。
又、作品を壁に飾ることによって、様々な人が作品を目にすることが可能になります。特に生活空間に額縁を飾る事によって、そこで生活する人達の共通の記憶に無意識に残ります。
この事は額縁の最大の効果だと私たちは考えております。
例えば、何気ない家族写真をご自宅に飾ることによって、その写真が生活空間の一部となって家族共有の記憶になります。大切な思い出、大切な物を額装して、生活空間の一部として、大切な人たちと思い出を共有化する事ができます。