サクラシリーズ



美術館でも使われている額縁。


サクラシリーズは美術館の展覧会等で使われている額縁です。形が非常にシンプルなため、様々な作品に使用する事ができ、飾る場所(和室、洋室)も選びません。額装初心者の方にもお勧めです。形は3種類(平型、かまぼこ型、三角型)、規格製品のサイズとしては40種、カラーも13色をご用意しており、様々なお客様のニーズにお応えできるようにしております。

シンプルなかたち


サクラシリーズの形は3種類あります。

(1)平型・・・・・・・・・平型の形状は作品に影響を与えません。無機質な感じを作品に与えます。
(2)かまぼこ型・・・丸い形状が作品に柔らかさを与え、温かい雰囲気になります。
(3)三角型 ・・・・・・三角の形状が作品に広がりと奥行きさを与えます。

形状がシンプルなため、額縁の品質が非常に重要になります。職人が1枚ずつ、丁寧に作成しております。オーダー額のご注文で形の太さ、厚さを変更する事もできます。

多彩なカラー


弊社のECサイトではカラー13色をご用意しております。(店頭では19色ご用意しております。ECサイトでは微妙な差を写真では表現できないので13色にしております。) 人気がある色は、ホワイト、乳白、ブラック、木地、セピア、ゴールド、シルバーの7色になります。 職人が1枚ずつ、額縁を組んだ後、塗装をしているため、4辺の色を均一にする事ができます。

オーダー対応可能

サクラシリーズを生産している、さくら工場は様々な木材を在庫しており、美術館等の材木の種類を指定したオーダーにもお答えする事ができます。又、作品に合わせて、額縁の幅、高さ、色を自由に変えて額縁をお作りすることができます。細かい対応が可能なため、紙のような薄い作品から、ユニホームのような厚い作品を額装できる額縁を自由にお作りすることが可能です。

<
詳しい額装事例はこちら 詳しい額装事例はこちら


詳しい額装事例はこちら 詳しい額装事例はこちら


詳しい額装事例はこちら 詳しい額装事例はこちら


詳しい額装事例はこちら 詳しい額装事例はこちら


詳しい額装事例はこちら 詳しい額装事例はこちら




ご希望のお客様はオーダー額のお見積りからお問い合わせください。詳しくはこちら